施工管理者:Y.I(入社1年目)

広く様々な経験を出来ることに惹かれて

 私は大学を卒業してから新卒で吉田電気に就職し、現在一年目です。大学での専攻は電気とは関係のないものでした。しかし、大学ではエネルギーに関することを学んだこともあり、日常生活でも必須と言える電気にも興味をもっていました。

 様々な電気工事の会社がある中で吉田電気は施工と管理を両方行うという強みがあり、私としても広く様々な経験が出来ることに惹かれて入社しました。

知識とともに自分が出来ることが増えていく日々に充実感

 電気工事に関する知識が全くと言っていいほど無かったので、私の仕事は、電気に関する基礎知識を身に着けることから始まりました。さらに建物内の電気工事を行うので建築関係の知識も必要となり覚えることは非常に多いと思います。

 ですが、一つ一つ知識を積み重ね、出来ことが増えていくのは非常に楽しいと感じています。今では、任される仕事も段々と増えてきて、忙しいながらも充実した日々を送っています。

目標達成のために自分だけで出来る仕事を増やしていきたい

 今はまだ先輩に教えてもらいながら仕事を学んでいる途中なので現場代理人として初歩的なことしかできていません。しかし、これから来年、再来年と経験を積むことで、自分だけでもできる仕事を増やしていき、いずれは一人で現場を担当できるようになりたいです。

 そのためには、知識や経験はまだまだ足りませんが、熱意をもって仕事に取り組んでいくことで一日でも早く、その目標を達成したいです。

電気工事は生活を支える社会貢献度の高い職業

 電気や建築についての知識を持っている方は活躍しやすいとは思います。しかし、私のように下地となる知識や経験がない人でも、十分に学んで活躍していける環境が吉田電気にはあります。

 電気工事は普通に生活している中ではイメージのつきにくい仕事かもしれません。ですが、その生活を支えているのは電気という、当たり前に使われているエネルギーです。電気工事は生活を支える社会貢献度の高い職業だと思います。

電気工事士:Y.K(入社2年目)

将来性を感じて選んだ電気工事の仕事

 普通科高校を卒業後、専門学校を経て、地元高知を離れIT系の会社に入社しました。希望していた部署への配属でなかったことに加えて、仕事を通して得られるスキルの乏しさを感じて退職ました。

 実家に戻り、電気について学ぶため職業訓練校に通いました。日常生活に身近で将来的なニーズ高さを確信して、電気設備の基礎知識(電気工事2種・CAD・シーケンス制御)を得ました。

 地元企業ではなく、吉田電気を選んだのは、取り扱う工事の規模が大きかったからです。さらに、未経験も歓迎し、社内での教育体制に安心感をもち応募しました。

必要な知識は電気だけではありません

 入社2年目の現在、先輩職長と一緒にマンションの電気工事に取り組んでいます。当初は使用する工具の名前も分からぬ状態でしたが、徐々にマンションの建築工程の流れも理解していくことが出来ました。電気工事の仕事は、他の業者との連携が不可欠です。電気工事以外の知識の重要性を感じました。

目指すは「職長」、そのための自己成長を!

 工事課の一員として早く仕事を覚えて、様々な状況に対応出来る電気工事士を目指したいです。先ずは、責任者として現場施工担う「職長」になりたいたいと思っています。

 吉田電気では、工事課の他、管理課やリニューアル事業もセクションもありますので、学ぶべきことを学び、現場以外の知識も身に付け、自己成長していけるように頑張りたいです。

興味さえあれば心配なし、達成感が得られる仕事です

 建築業界はきついイメージがあると思います。しかし、日々の仕事で必要な体力は自然についてきます。吉田電気には未経験で中途入社したメンバーが大半です。電気工事や建築業界への興味さえあれば大丈夫だと思います。

 私の携わった物件は、まだまだ少ないですが、完成した建物を見ると達成感が湧いてきます。苦労したことも、良き思い出として残ります。

施工管理者:Y.T(入社6年目)

若い社員が多数在籍していることに将来性と働きやすさを実感

 大学では電気を専攻していましたが、卒業後は電気と関係のない仕事に就いていました。しかし、やはり電気の仕事をしたいと思い、職業訓練校で電気工事について学び直し、吉田電気で一ヶ月のインターンを験経しました。

 長く続いている歴史があるにもかかわらず、若い社員が多いところに将来性と働きやすさを感じて吉田電気への入社を決めました。

経験と資格を身に付け、現場代理人を任されたのは4年目

 初体験であった建築現場では、先輩について歩いたり、工事課の電気工事士の手元などをして現場を知りつつ、図面を書く時の参考にしました。経験を積むにつれて、現場のチェック・他の職方との調整・施工図の作成・お金の管理など、任される仕事も増え、4年目に現場代理人として着工から竣工まで自分の担当現場を持つようになりました。

 また、経験を積む傍ら、電気工事と施工管理に関する資格を取得しました。仕事をしながらの資格取得は大変でしたが、周りの先輩の助けで合格することができました。

次は高圧や特別高圧の電気工事へのチャレンジを

 これまで、主にマンションの新築工事の現場管理を担当してきましたが、これからは、高圧・特別高圧のオフィスビル、商業施設や工場の仕事にも挑戦していきたいです。また、電気に関する資格は色々ありますが、自分の仕事の領域を増やすためにも継続して資格取得に励んでいきたいと思っています。

担当した建物に電気が灯り、竣工した際の達成感は格別

 任される仕事の責任は重く、たいへんで辛く感じるときもあります。しかし、それ以上に担当した建物に電気が通った時、竣工を迎えた時に得られる達成感は非常に大きいものです。

 地図やカタチに残る仕事をしたい人、モノづくりが好きな人、また、電気の「工事」をしたいのか、あるいは「管理」をしたいのかの選択に迷っている人にとって、吉田電気は最良の選択肢の一つになると思います。

電気工事士:Y.N(入社6年目)

惹かれたのはカッコ良さ、将来ニーズ、会社の雰囲気

 電気工事の仕事をしようと思ったのは、目に見えない電気を扱っているということがカッコイイと感じたこと、また、この先の何年後でも決して無くなることがない必要性の高い仕事だと考えたからです。

 吉田電気を選んだのは、常に豊富な工事物件を手掛けており、雰囲気と仕事内容が自分に合っていると思ったからです。さらに、「施工」と「管理」を両方ともことが出来る強みがあり、私自身も広く様々な経験ができることに惹かれて入社しました。

先輩社員との良好なコミュニケーションで仕事を覚えられる環境

 同業他社で1年程、電気工事を経験していましたが、最初はわからないことばかりでした。先輩に教えてもらったり、先輩の仕事を観察してそれを真似をして、自分にあっているところだけを取り入れて、アレンジしながら仕事を覚えていきました。

 吉田電気では社員同士で仕事をしているので、コミュニケーションがとりやすく、仕事を覚えるのにとても有利な環境だと思います。

仕事に余裕も出てきたこれからは後輩社員の育成にも力を注ぎたい

 年次を重ね現場職長の仕事にも多少の余裕が出てきているので、まで以上にこれ後輩の育成にも協力できたらと思います。また、最近はマンション以外の工事物件も増えてきているので、色々な分野の仕事を経験して自分自身の技術や技能を更に高めていきたいです。

時には緩く、時には厳しく、メリハリをつけて!

 携わる工事現場は数ヶ月から1年程度で場所も環境も変わっていきます。これは素晴らしく魅力的なことで、次の新しい現場が始まると、その場所のおいしいご飯が食べられて、決して飽きることがありません!

 時には緩く、時には厳しく、メリハリをつけて私と一緒に楽しく仕事を頑張りましょう!

リニューアル 事業スタッフ:R.Y

転職の決め手はアットホーム感と管理施工の一貫体制

 電気工事士であった父親の後ろ姿をみていた私は、学業を終えてから自然と現在の仕事を選んでいました。楽しさを感じているからなのか、以来、この仕事を続けています。

 吉田電気への転職を決めたのは、インスピレーションもありますが、他社に比べアットホーム感があったからです。また、管理と施工の一貫体制ということに興味を惹かれました。やはり、現場施工者への変な気遣いも必要なく、楽しく仕事ができています(性格かもしれませんが)。

委ねられたのはオールラウンドプレイヤーとしての立ち回り

 管理課の施工管理者として入社しましたが、現在の部署はリニューアル事業部門です。ここで求められているのは「自給自足」による事業推進で、「提案営業-積算-管理-工事」とオールラウンドプレイヤーとしての立ち回りが必要な仕事です。

 委ねられる責任がとても大きい役割ですが、これまでに私が仕事で得てきた知識や経験を活かすことが出来ていると思います。社内の他のスタッフとの事業構築は、日々成長している自分を感じながら取り組んでいます。

リニューアル事業の拡充は会社の挑戦そのもの

 社内のリニューアル事業部門は現在、発展途上にあります。今後、更に体制を強化して、事業を拡大し、安定した仕事量を確保できるようにならなければいけません。私たちの挑戦はその先に必然的に見えてくるのだと思っています。

共に尽力できる仲間と楽しく仕事をしていきたい

 どんな仕事も大変です。しかし、大変だから辛いのではなく、大変だからこそ自ら楽しく仕事していける環境が吉田電気にはあります。

 リニューアル事業の拡充に、共に力を合わせて、尽力できる仲間がもっともっと加わって欲しいと願っています。多少の経験や興味がある方、お客様への提案もありますので女性の方も活躍できると思います。